【プチプラ比較頂上決戦】たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 違いは何?どっちがいい?

たまご化粧水とハトムギ化粧水どっちがいい?違いは?

プチプラ化粧水のトップに君臨してきたと言っても過言ではない「ハトムギ化粧水」
そこに瓜二つの姿で突如現れ、その座を脅かし始めた「たまご化粧水」

ハトムギ化粧水はナチュリエ。
たまご化粧水はココエッグ。

そうです、シリーズのように見えるボトルですが、メーカーは異なります。
デザインがあまりに似ているので、違いは何?結局どっちがいいの?
と言った疑問を持つ方が多いのだと思います。
実際に私もそうでした。

という事で実際に両方購入してみて試してみました。
ぜひ参考にしてみて下さい。

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 価格の違いを比較

レビューの前に、まずは客観的情報を整理してみましょう。

まずは金額の比較ですが、どちらも1,000円以下。
ややたまご化粧水の方が高いですが、どちらも500mlです。
この大容量でこの低価格であれば、どちらもプチプラと分類して良いでしょう。

たまご化粧水 915円
ハトムギ化粧水 650円

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 誕生日の違いを比較

お次はリリース時期の違いを比較してみましょう。
その差は歴然。なんと15年の差があります。
この実績を大きいですよ。それだけ長く必要とされてきたわけですから。
15年後にたまご化粧水が変わらず支持されているかは分かりませんからね。

たまご化粧水 2017年12月
ハトムギ化粧水 2002年2月

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | アットコスメの口コミポイントを比較

お次は辛口で有名なアットコスメの口コミ評価の比較です。
何とたまご化粧水の勝利です。
ただし!先にも触れたように歴史が違います。
話題やファーストインパクトで評価しているかもしれません。

ただ、それが長期使用の中でも同じ満足度を維持できるかが重要ですよね。
口コミの件数を比較すれば、その数値の裏付けの厚みに差がある事が分かります。
実際口コミの中にも、ハトムギ化粧水からたまご化粧水に移行した方がかなりの件数いました。
そしてそのまま乗り換えるという意見と、ハトムギ化粧水に戻すという意見に分かれていました。

まあ、肌質なんて十人十色。
相性というものがあるでしょうからね。

たまご化粧水 5.1(口コミ総数約5百件)
ハトムギ化粧水 4.6(口コミ総数約2万件)

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 成分の違いを比較

お次は成分の違いを比較してみましょう。
まあ、似ているといえば似ていますよね。
見た目も白濁の化粧水ですし。

その名の通り、大きな違いは主成分。

たまご化粧水 卵殻膜エキス(加水分解卵殻膜)
ハトムギ化粧水 ハトムギエキス

まあ、たまご化粧水はブランディングがうまいと思いますよ。
似たような見た目で現れた上に、今話題の卵殻膜を配合しています。
この価格で卵殻膜というだけで魅力的です。
これまではプチプラにラインナップされるような成分ではなかったわけですからね。
それに加えてインフルエンサーによるSNSでの拡散です。
流行らないわけがないですよね。

たまご化粧水
水、グリセリン、DPG、加水分解卵殻膜、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、グリチルリチン酸2K、アラントイン、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン
ハトムギ化粧水
水、DPG、BG、グリセリン、ハトムギエキス、グリチルリチン酸2K、(スチレン/アクリレーツ)コポリマー、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 使ってみた!使用感の違い

さて、ここからはいよいよ実際に使ってみた感想です。
まず、たまご化粧水とハトムギ化粧水では試用感に大きな違いがあります。
肌につけた瞬間では大きな差はありませんが、肌になじませたその後です。

たまご化粧水はもっちり感があります。
良くいうと保湿パックみたいな感じです。
悪くいうと少々ベタつく。

一方でハトムギ化粧水はさっぱり感があります。
良くいうと水々しい水分パックといった感じです。
悪くいうと物足りない。

どっちが良いというよりは、肌質は人それぞれですからね。
また、好みでも意見が分かれる所かなと。
個人的には冬はたまご化粧水で、夏はハトムギ化粧水がベスト。
使い分けですかね。

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 使ってみた!実感できた効果の違い

たまご化粧水とハトムギ化粧水の使用感比較

お次は私が実感できた効果の違いから比較してみたいと思います。

まず、たまご化粧水ですが、それなりの保湿力があります。
翌朝起きて洗顔した際の肌の状態が結構いいです。
ただ、夏はどうしてもベタつきを感じるので、この点は好き嫌いがハッキリ出る所かと。

一方ハトムギ化粧水は可もなく不可もなく。
何というか、トータルでフラットです。つまり普通。
これってプチプラ前提で考えたら良くないですか?
長年愛されてきた理由がわかる気がします。

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | 使ってみた!ズバリどっちがいい?

もう結論です。

どっちか一つ選べと言われたら、たまご化粧水を選びます。

ハトムギ化粧水のサッパリした使い心地は捨てがたいのですけどね。
ただ、乾燥肌寄りな私には、それを捨ててでもたまご化粧水の保湿力を重視してしまいます。
夏にはそのベタつきが不愉快にも思えるのですが、やはり背に腹は代えられません。

たまご化粧水vsハトムギ化粧水 | まとめ

最後にたまご化粧水vsハトムギ化粧水のまとめです。

  • 保湿重視ならたまご化粧水がおすすめ
  • サッパリした使い心地が良ければハトムギ化粧水がおすすめ
  • 何と言っても大容量でボディにもケチらず使えるのが最高です

まあ、どちらプチプラですから、お気軽に試してみて下さい。
顔だからこそ質感の違いに敏感になりますが、ボディや首回りに使う分には大差を感じません。

 

参考記事:「【紗栄子も愛用】大人気のプチプラ「たまご化粧水」の口コミレビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です